北条クリニックはしもと 皮膚科・形成外科・美容皮膚科

診療日
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
料金表
リンク

形成外科

h_kei_02 h_kei_01 h_kei_03
h_kei_04 h_kei_05 h_kei_06
h_kei_07 h_kei_08 h_kei_09
h_kei_10 h_kei_11 h_kei_12


形成外科とは

形成外科とは主に病気やケガなどによる傷跡や変形などを治療する科です。
生まれつきの体の変形やアザもそうですし、けがややけどでできた傷跡、またイボやホクロなどの腫瘍など、頭のてっぺんからつま先まで体表にある変形や異常を、正常な状態に近づけることが形成外科の目的です。
また、すり傷、切り傷、やけどなど日常遭遇する怪我は最初の治療が大事です。傷の種類によって処置も変わってきます。
できるだけ痛みが少なく、きれいに治す治療法を選択します。急な怪我で「どこの病院にかかればいいのかわからない」と困る方も多いと思いますが、緊急の怪我にも対応しますのでまずはご相談下さい。
もちろん二重や鼻整形、シミ取りなどの美容形成も形成外科に含まれます。
たとえば二重になりたい、鼻を高くしたい、シワやシミをとりたい、やせたいなどの要望を持つ方も多くいらっしゃいます。これらの多くは病気ではないので治療しなくても生きていく上で支障はありません。
しかし生活の質(Quality of Life略してQOL)という言葉が重要視されている昨今、外見のコンプレックスや悩みを解消し、美しくいられることは、有意義な人生をおくる上で大事なことと考えています。
要望に応えられないこともあるかと思いますが、当院では外見で悩まれている患者様を理解することに最大限努力し、出来る限りのお手伝いをさせていただきたいと考えています。
形成外科が扱う疾患は保険診療で治療できるものとそうでないものがあります。保険診療ができない場合は自費診療となります。
疑問点があればお気軽にお問い合わせ下さい。


皮膚のできもの

皮膚にあるできものを総称して皮膚腫瘍とよびます。ホクロやイボなど多岐にわたります。
切除手術(切って縫う)、レーザー焼灼(焼く)で治療します。大きさや場所などで治療法が変わります。

腫瘍の中には悪性のものもあります。その疑いがある場合はレーザー治療をせず、切除手術を行い、病理検査に出します。
悪性の場合は追加切除が必要ですので、入院設備のある関連施設に紹介します。

皮膚の中もしくは皮下組織にあるできものです。
よくあるものには粉瘤(アテローマ)と脂肪腫があります。
粉瘤は、皮膚の下に袋ができその中にあかやうみが溜まったもので、赤く腫れてしまうこともあるので、なるべく腫れる前に手術で取り除きます。
すでに感染している場合は切開排膿の処置が必要になります。
脂肪腫は脂肪細胞が大きくなったものですが必要に応じて検査を行い摘出術を行います。
子供の頃によくできるものには石灰化上皮腫があり、毛穴の一部から出来ると言われています。
目の周りに出来る粉瘤に似たできものには類皮嚢腫があり、奥が深いので入院治療が必要な場合があります。
局所麻酔下にて切除手術を行いますが、大きさや年齢的に難しい場合は入院設備のある関連施設に紹介いたします。


皮膚・皮下腫瘍

◆皮膚腫瘍
皮膚にあるできものを総称して皮膚腫瘍とよびます。ホクロやイボなど多岐にわたります。
切除手術(切って縫う)、レーザー焼灼(焼く)で治療します。大きさや場所などで治療法が変わります。
腫瘍の中には悪性のものもあります。その疑いがある場合はレーザー治療をせず、切除手術を行い、病理検査に出します。
悪性の場合は追加切除が必要ですので、入院設備のある関連施設に紹介します。

◆皮下腫瘍
皮膚の中もしくは皮下組織にあるできものです。よくあるものには粉瘤(アテローマ)と脂肪腫があります。
粉瘤は、皮膚の下に袋ができその中にあかやうみが溜まったもので、赤く腫れてしまうこともあるので、なるべく腫れる前に手術で取り除きます。すでに感染している場合は切開排膿の処置が必要になります。
脂肪腫は脂肪細胞が大きくなったものですが必要に応じて検査を行い摘出術を行います。子供の頃によくできるものには石灰化上皮腫があり、毛穴の一部から出来ると言われています。
目の周りに出来る粉瘤に似たできものには類皮嚢腫があり、奥が深いので入院治療が必要な場合があります。
局所麻酔下にて切除手術を行いますが、大きさや年齢的に難しい場合は入院設備のある関連施設に紹介いたします。


眼瞼下垂

上まぶたが十分に挙がらなくなって視野が狭い、見えにくいなどの症状がでる場合眼瞼下垂といいます。
まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱くなったり、まぶたの中にある軟骨(瞼板)と筋肉をつなげる腱膜がゆるむとまぶたが下がってきます。
主に生まれつきのものと加齢やコンタクト長期使用などによるものがあります。
おでこにしわが生じたり、頭痛・肩こり・自律神経失調症状(不眠、うつ、便秘など)が起こったりすることもあります。
手術で改善します。


逆さまつげ

まつげ(睫毛)が結膜側に伸びて眼球に接触し刺激症状を引きおこす状態をいいます。
眼瞼の余剰皮膚及び眼輪筋の切除を行ない、睫毛を外反させることで矯正を行ないます。
※健康保険適応です。


きずあと・ケロイド

ケガで縫った傷や擦り傷、手術後の傷のことを瘢痕(はんこん)といいます。
瘢痕が赤く盛りあがった状態のことを肥厚性瘢痕といい、さらに赤く盛り上がった部分が広がるようになるとケロイドといいます。
瘢痕が目立つ場合はそれを目立たなくする手術を行います。
瘢痕を切り取ってきれいに縫い直したり、傷をジグザグに縫い直してぼかして目立たなくする方法などがあります。
場合によってはレーザーで目立たなくする方法もあります。
ケロイドは体質によるものが多く、遺伝することもあります。
特に意識しないような小さな傷、たとえばニキビや毛嚢炎などからも発生することがあり何もない場所に突然できたようなものもあります。
胸や肩、お腹(特に帝王切開をされた方の下腹部)、またBCGの注射跡、ピアスをあけた耳にできることもあります。
治療には、飲み薬、塗り薬、テープ治療、注射、レーザー、手術などがありますが、手術は再発が多く慎重に行います。


あざ → あざの治療ページへ

赤あざ

皮膚の血管が異常に拡がったり増えたりしてできるアザです。平坦なものを「単純性血管腫」といい、乳児にみられる盛り上がったものを「いちご状血管腫」といいます。

(1)単純性血管腫:
単純性血管腫の中には、額の真ん中やまぶたの内側に出来るサーモンパッチと呼ばれるものの様に、部位によっては自然に消えるものもあれば、長い経過で少しずつ盛りあがるものもあります。
顔の半分が赤アザになるものにはスタージウエーバー症候群と呼ばれるものがあります。
治療は色素レーザー照射を行います。何回か照射が必要で、完全に消えるものは多くなく、目立たなくしていく治療になります。
いちど薄くなっても成長とともに、また濃くなってくることがあります。

(2)いちご状血管腫:
生まれてからすぐに盛りあがるものには「いちご状血管腫」と呼ばれるものが多く、以前は様子をみていれば自然に小さくなるとして治療されないこともありました。
しかし、生まれてすぐに急速に大きくなるものもあり、特に目のまわりのものでは視力低下をきたすなど様々な障害を生じる可能性があるため注意が必要になります。
治療には、色素レーザーが適応になる場合が多いですが、いちご状血管腫の場合、ステロイドを用いた治療が必要になることもあり、特に大きくなることが予想されるものには、早めの積極的な治療が必要となります。
治療のタイミングやその方法など総合的な判断が必要になります。

茶あざ

皮膚の色をつくるメラニンが皮膚の浅いところに増えて出来る、平らなくっきりとした茶色のアザです。
扁平母斑がその代表で、生まれつきあるものが殆どですが、数の多いものには神経線維腫症といった全身の病気がひそんでいることもあり、注意が必要です。
大人になってから出来る肩や腰の周りに出来るものはベーカー母斑とも呼ばれ、毛が生えることもあります。
治療にはレーザーや切除の手術が行われますが、レーザーでは再発してくることもあり、専門的な見極めが必要になります。

青あざ

色素細胞(メラノサイト)が皮膚の深いところ(真皮)に集まって出来るアザで、生まれつき又は生まれて間もなく出来るものや思春期以降の大人になってから出来るものがあります。

(1)太田母斑:
顔半分の頬からおでこの範囲に青色調のあざを認めるものを太田母斑といいます。
乳児から認める場合と、成長してからみられる場合があります。治療はQスイッチレーザーを何回か照射します。

(2)異所性蒙古斑:
生まれつきあるものの代表には蒙古斑があり、殆どの人のおしりや背中にあって学童期には自然に消えていきます。
ただし、足や腕など通常あまり出来ない場所にある蒙古斑を異所性蒙古斑と呼び、消えにくいため治療の対象になることがあります。
青アザの治療にはレーザーが良く反応し、典型的な蒙古斑以外はなかなか自然に消えていかないため、顔面などの露出部では主にレーザーを用いた治療が行われています。


ほくろ・母斑

母斑細胞が色素を作るためにできる褐色又は黒色に見えるアザです。
いわゆる「ほくろ」から「母斑」といわれる大きいものまであります。
皮膚癌(メラノーマ)と見分けがつきにくいものもあるので注意が必要ですし、生まれつきあるとても大きなものからは癌が出来る可能性もあります。
大きなものや多発するものは「母斑症」といわれ、遺伝や他の病気と同時に黒アザが生じるものもあり、その診断には専門的な知識や検査が必要になります。
治療には、癌であるかどうかの見極めが大事で、診断のため一部を切り取って組織の検査をする必要があります。
良性のものであれば治療の方法は様々で、電気やレーザーで薄くしていく方法とメスで切り取る方法に大きく分かれます。
大きなものは何回かに分けて手術をしたり、皮膚を移植したり、周りの皮膚を拡げたりと色々な工夫をしなくてはならないことが多く、専門的な治療が必要になります。


熱傷

やけどは熱による皮膚や粘膜の外傷を言います。
もちろん炎や爆発などの高温でもやけどになりますが、40-55度くらいのそれほど高い温度ではないものでもやけどになることがあります。
皮膚が薄い子供や老人の方や成人でも深く寝込んでいるときには比較的低い温度でも持続的に加熱されることでやけどとなってしまいます。これは低温熱傷というやけどの一種で深いやけどが多いのが特徴です。
やけどでは直後から赤み(発赤)や腫れ(腫脹)が出てきますが、その後も腫れやみずぶくれ(水疱)が数日進行します。
細菌感染を合併するとやけどの深さが深くなることも知られています。
広い範囲にわたってやけどするとやけどの創傷の治療に加えて熱傷によるショックを治療するために点滴治療が必要となります。

やけどはその深さで重症度を分類します。
・Ⅰ度熱傷:発赤のみで傷跡なく治癒します。
・Ⅱ度熱傷:水ぶくれを形成するもので、浅いものと深いものに分けます。浅いものは軟膏処置で治癒します。早期に治れば傷跡は残らないことが多いです。深いものは軟膏処置で時間がかかることが多く、植皮手術を行う場合があります。傷跡は少なからず残るでしょう。
・Ⅲ度熱傷:皮膚やその下の皮下組織まで達するもので、多くは手術が必要です。


陥入爪・巻き爪

陥入爪とは、爪の端が周りの皮膚に食い込んでしまうことで、痛みや腫れが生じたり、さらに傷ができたり膿んでしまったりしている状態のことです。
原因は深爪や合わない靴の着用とされており、足の親指に起こることが多いです。
巻き爪は 爪が横方向に大きく曲がり、爪の下の皮膚をつかむように巻いてしまっている状態です。
原因は合わない靴の着用など生活習慣からくる外力によるとされ、陥入爪と同様に足の親指に起こることが多いです。
巻き爪に陥入爪を合併することもあります。

(1) 保存的治療:
爪の切りかたの修正、靴の選択・足の衛生管理などのフットケアや、爪の端と皮膚が接する部分の保護、超弾性ワイヤーによる爪矯正などがあります。

(2) 手術療法:
早期の治療を希望される場合や、爪矯正などの保存的治療が無効な場合に手術を行います。
手術では食い込んでいる部分の爪とその爪母(爪の根っこの部分の皮膚の下にある軟らかい爪)などを切除します。
爪と爪母を切除したのち、再度病的な爪が生えないよう、フェノールという薬物を用いて爪母を破壊する方法もあります。
巻き爪は爪床形成術などがあります。
これは、変形した爪を除去した後、爪の下にある爪床と呼ばれる組織をめくり上げ、その下にある突出した骨を削ったり、周囲の組織に切開を加えたりして爪床を平坦にします。


多汗症・腋臭症

多汗症は手のひら、足のうらや脇という限局した部位から両側に過剰な発汗を認める疾患です。
手掌多汗症患者さんの有病率は人口の約5.3%と極めて高い割合であることがわかりました。
発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすいのではないかともいわれていますが、まだはっきりしたことはわかっておりません。
外用液塗布、ボツリヌストキシンの局所注射が効果的ですが、ボツリヌストキシンは自費診療となります。

腋臭はわきの下からのにおいで、これが独特の悪臭を放つ場合を腋臭症と言い、「わきが」とも呼ばれています。
皮膚にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺(汗を出す器官)がありますが、腋臭の原因は、このアポクリン腺にあります。
アポクリン腺から出る汗に含まれる脂質・タンパク質が、皮膚表面の細菌によって分解されることで、特有のにおいを発生するとされています。
アポクリン腺が発達していると、その分においが発生しやすくなりますが、腋毛(わきげ)の量、精神的素因(ストレスや緊張など)もにおいの発生に関係しているとされています。
腋臭症の治療はまず生活習慣を見直すところから始まります。
日常生活は不規則になっていないか、わきの清潔を保っているかをチェックし、さらに腋毛の処理や市販の制汗剤を試みていただきます。
それでも効果が不十分な場合に初めて手術療法などを検討することになります。
手術療法のよい適応になるのは、においが強い場合です。においの程度が軽い方には手術をお勧め出来ません。
手術は、わきの下の皮膚を切開して皮膚をめくり、皮膚の裏側に存在するアポクリン腺を取り除く方法が最もよく行われています。9割以上の方はにおいが改善されます。


刺青

レーザー治療が第1選択ですが、複数回必要であり長期間にわたること、完全に消失させるのは困難であること、色素脱失、色素沈着のリスクがあることなどのデメリットもあります。
また色素によっては消えにくい色があります。
完全に消失させたい場合は手術で切除し、縫合する必要があります。
手術の痕が残ること、何回かに分けて手術する必要がある場合があることなどのデメリットもあります。
状態や患者様の希望に即した治療法を提案します。


重瞼術

埋没法:
眼瞼に糸を埋め込み、筋肉の代わりをさせ、皮膚を引っ張り上げる方法です。これは糸を皮膚に埋没させます。
手術時間が短く、腫れも1週間程度です。皮膚の厚い人や眼瞼に脂肪が多い人は戻りやすい傾向があります。