北条クリニックはしもと 皮膚科・形成外科・美容皮膚科

診療日
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
料金表
リンク

小児皮膚科

h_shou_01 h_shou_02 h_shou_03
h_shou_04 h_shou_05 h_shou_06
h_shou_07 h_shou_08


乳児湿疹(にゅうじしっしん)

乳児は皮膚が大人より薄いため肌のトラブルが多いです。生後2~3ヶ月は皮脂が多く脂漏性皮膚炎という湿疹になることがあります。
頭、顔、脇の下、胸、おへそ、背中などに、赤いカサカサや黄色いかさぶたができます。乳児湿疹は、赤いプツプツ、ただれ、赤いカサカサなど色んなタイプがあります。
治療は保湿ケア、非ステロイド外用、副腎皮質ホルモン外用など、外用治療が主体です。
乳児脂漏性皮膚炎は皮膚を清潔に保つことが重要です。入浴時は石けんを使用して、発疹部分を中心に優しく洗ってあげましょう。
通常の乳児湿疹は、乾燥しているタイプは保湿ケアが重要となります。肌が弱いので、入浴時や顔を拭くときも優しく丁寧にする必要があります。


オムツかぶれ

オムツをしている股間やおしりに赤い発疹ができます。小さな赤いプツプツができたり、一面が赤くなったりします。
おしっこやうんちの刺激、オムツとの接触による摩擦、オムツの中のむれなどが原因です。
うんちが柔らかいとオムツかぶれが起こりやすいです。
カンジダ症というカビによる場合、ばい菌(とびひなど)による場合、亜鉛欠乏などの場合などもありますので、治りが悪い場合など注意が必要です。
ワセリンなどで皮膚を保護します。非ステロイド外用、亜鉛華軟膏外用、ステロイド外用など主に外用治療です。
カンジダ症の場合は抗真菌外用剤を使用します。
オムツ交換を頻繁にしましょう。こすらず優しく拭いてあげましょう。
治りが悪ければ、カンジダ症などが疑われます。


アトピー性皮膚炎

一般皮膚科 アトピー性皮膚炎のページへ


とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは、ばい菌(黄色ブドウ球菌、レンサ球菌など)で起こる皮膚の感染症です。
すり傷からばい菌が入ったり虫さされや湿疹を掻いて起こることも多いです。皮膚にかゆみを伴う水ぶくれができ、それが破れて他の場所にどんどんうつっていきます。
水ぶくれがあまりできないタイプもあります。
他の子供にうつしてしまうことがあり注意が必要です。
治療は抗生物質の外用や内服を行います。症状がひどい場合は学校をお休みしたほうがよい場合があります。
学校保健法では「第三種の伝染病」の「その他の伝染病」に区分されており、「炎症症状の強いもの、広範なものについては、直接接触を避けるよう指導が必要である。」とされ、通常出席停止の措置は必要ないと考えられています。
学校や幼稚園などで水泳を行う場合、相模原市では「治ゆ証明書」が必要となります。


水いぼ(伝染性軟属腫)

お子さまの皮膚にできるウイルスによるイボです。
放置しておくと自然に治る場合もありますが、お子様の体の表面でウイルスが次々と繁殖し、どんどん水イボの数が増えたり、直接触ったりプールなどで他のお子さまにうつしてしまうこともあります。
特にアトピー性皮膚炎のお子さまは悪化しやすいので注意が必要です。
時にかゆみを伴い、引っ掻いてトビヒになってしまうことがあります。
治療は専用の医療器具で処置を行います。チクッとした痛みを感じるため、お子さまの”水イボ”の部分に前もって痛み止めのテープを貼り、処置の痛みを少なくすることもできます。
治療を行わなくても 数か月~1年半で自然治癒すると言われており、経過観察のみをすることがあります。
他のお子様にうつさないように、手をよく洗いましょう。


水疱瘡(水ぼうそう)

ウイルスによる感染症の一つであり、ヘルペスウイルスの一種である「水痘・帯状疱疹ウイルス」に感染することが原因で発病します。
このウイルスはとても感染力が強いので、兄弟が水疱瘡にかかったり、水疱瘡の赤ちゃんや子どもがそばにいれば、ほぼ感染して発病します。
感染初期のうちにアシクロビル(ゾビラックス)という抗ウイルス剤が使われることがあります。これを飲むと、発熱や発疹を抑えることができます。この薬は、病気にかかって初期なら効果があります。水疱の数が少なくなり、かさぶたになるまでの時間も短く、治りも早くなります。
ただ、かさぶたが出来始めてからこの薬を使っても効果はありません(水疱瘡はもともと薬を使わなくても自然に治ります)。


◆日常生活の注意点

冷たいタオルで水疱瘡の発疹の部分を軽くトントンとたたいてあげましょう。
下着(肌着)をこまめにとりかえましょう。
室温は低めにしておきましょう。
学校保健法では、「第二種の伝染病」に区分されており、「すべての発疹が痂皮(かさぶた)化するまで出席停止とする。ただし、病状により伝染のおそれがないと認められたときはこの限りではない。」とされていますので、登校・登園の時期については医師に相談しましょう。
登校・登園停止になってしまった場合、相模原市では「治ゆ証明書」が必要となります。


あざ・血管腫

赤あざ

皮膚の血管が異常に拡がったり増えたりしてできるアザです。平坦なものを「単純性血管腫」といい、乳児にみられる盛り上がったものを「いちご状血管腫」といいます。

(1)単純性血管腫:
単純性血管腫の中には、額の真ん中やまぶたの内側に出来るサーモンパッチと呼ばれるものの様に、部位によっては自然に消えるものもあれば、長い経過で少しずつ盛りあがるものもあります。
顔の半分が赤アザになるものにはスタージウエーバー症候群と呼ばれるものがあります。
治療は色素レーザー照射を行います。何回か照射が必要で、完全に消えるものは多くなく、目立たなくしていく治療になります。
いちど薄くなっても成長とともに、また濃くなってくることがあります。

(2)いちご状血管腫:
生まれてからすぐに盛りあがるものには「いちご状血管腫」と呼ばれるものが多く、以前は様子をみていれば自然に小さくなるとして治療されないこともありました。
しかし、生まれてすぐに急速に大きくなるものもあり、特に目のまわりのものでは視力低下をきたすなど様々な障害を生じる可能性があるため注意が必要になります。
治療には、色素レーザーが適応になる場合が多いですが、いちご状血管腫の場合、ステロイドを用いた治療が必要になることもあり、特に大きくなることが予想されるものには、早めの積極的な治療が必要となります。
治療のタイミングやその方法など総合的な判断が必要になります。

茶あざ

皮膚の色をつくるメラニンが皮膚の浅いところに増えて出来る、平らなくっきりとした茶色のアザです。
扁平母斑がその代表で、生まれつきあるものが殆どですが、数の多いものには神経線維腫症といった全身の病気がひそんでいることもあり、注意が必要です。
大人になってから出来る肩や腰の周りに出来るものはベーカー母斑とも呼ばれ、毛が生えることもあります。
治療にはレーザーや切除の手術が行われますが、レーザーでは再発してくることもあり、専門的な見極めが必要になります。

青あざ

色素細胞(メラノサイト)が皮膚の深いところ(真皮)に集まって出来るアザで、生まれつき又は生まれて間もなく出来るものや思春期以降の大人になってから出来るものがあります。

(1)太田母斑:
顔半分の頬からおでこの範囲に青色調のあざを認めるものを太田母斑といいます。
乳児から認める場合と、成長してからみられる場合があります。治療はQスイッチレーザーを何回か照射します。

(2)異所性蒙古斑:
生まれつきあるものの代表には蒙古斑があり、殆どの人のおしりや背中にあって学童期には自然に消えていきます。
ただし、足や腕など通常あまり出来ない場所にある蒙古斑を異所性蒙古斑と呼び、消えにくいため治療の対象になることがあります。
青アザの治療にはレーザーが良く反応し、典型的な蒙古斑以外はなかなか自然に消えていかないため、顔面などの露出部では主にレーザーを用いた治療が行われています。


ほくろ・母斑

黒あざ(色素性母斑、母斑症)
黒アザは、母斑細胞が皮膚の表面近くに集まって色素を作るためにできる褐色又は黒色に見えるアザです。
「ほくろ」といわれる小さなものから、大きな拡がりをもつ「母斑」といわれるものまであります。
黒アザは皮膚癌(メラノーマ)の出来はじめと見分けがつきにくいものもあるので注意が必要ですし、生まれつきあるとても大きなものからは癌が出来る可能性もあります。
大きなものや多発するものは「母斑症」といわれ、遺伝や他の病気と同時に黒アザが生じるものもあり、その診断には専門的な知識や検査が必要になります。
治療には、癌であるかどうかの見極めが大事で、時には一部を切り取って組織の検査をする必要があります。
良性のものであれば治療の方法は様々で、電気やレーザーでアザを薄くしていく方法とメスで切り取る方法に大きく分かれます。