北条クリニックはしもと 皮膚科・形成外科・美容皮膚科

診療日
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
料金表
リンク

「あざ」のレーザー治療

レーザー治療が保険でできる「あざ」があります!

身体のどこかに「あざ」があるお子様は意外に多いのですが、適切な対応が分からずお困りの親御さんもいらっしゃるかもしれません。
あざは命に関わるものではなく必ずしも治療を受けなければならないわけではありません。しかし見た目で悩んでいるお子様やご家族の方に、「生まれつきだから仕方がない、命にかかわるものではないから様子を見ましょう」で片付けてしまうのは非常に残念なことです。
あざの種類によってはレーザー治療が効果的であったり、保険でできるレーザー治療があります。また手術で切除可能であったりするケースもあります。
治療により、すべてのあざが完治するわけではないのですが、薄くしていくことは可能です。
保険適応のレーザー治療は小児助成の対象ですのでご家族の負担はありません。
当院では赤あざおよび青あざの保険治療ができるレーザー機器を導入しておりますので、まずはご相談いただければと思います。

レーザー治療が全身に影響を及ぼすことは通常ありません。
治療は早いほど効果が高いといわれています(生後1~2ヶ月より治療開始可能です)。お早めの受診をお勧めします。

目次

レーザー治療の保険適応について
赤あざ
青あざ
患者様およびご家族の方への注意点
当院にあるあざ治療レーザー


レーザー治療の保険適応について

赤あざ(単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症)
3ヶ月以上あければ回数制限なく保険にて色素レーザー(薬事承認された機器)を照射することが出来ます。
青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑および外傷性刺青)
3ヶ月以上あければ回数制限なく保険にてQスイッチアレックスレーザー(薬事承認された機器)を照射することが出来ます。

いずれも年齢制限はありません。
上記病名を付けられない症状の方、3ヶ月未満で治療を希望される場合は自由診療になります。


赤あざ

皮膚(主に真皮)の毛細血管の拡張あるいは増殖が原因のあざです。

(1)単純性血管腫

生まれつきみられる赤色調のあざです。皮膚の性状は異常なく平坦であることが多いです。
顔の半分が赤アザになるものにはスタージウエーバー症候群と呼ばれるものがあります。
レーザー治療が第一選択です。

h_aza_1-1

h_aza_1-2

h_aza_1-3


(2)いちご状血管腫(乳児血管腫)

生後1カ月頃より出現、徐々に盛り上がってきて、表面がイチゴ状になります。自然に縮小することが多く、7歳までに75%の人で消失するといわれています。ただ、色だけでなく、皮膚が盛り上がったりや垂れ下がったり、質感の違い、きずあとが残る場合があります。
なるべく早期(生後1ヶ月からでも可)にレーザー治療を開始することをおすすめしています。

h_aza_2


(3)毛細血管拡張症(赤ら顔)

様々な原因によって、お顔がぼんやりと赤く見えたり、血管がハッキリと透けて見えた りしている状態です。年齢と紫外線の影響で、より目立ってくると言われています。
レーザー治療が保険適応です。

h_aza_3-1

h_aza_3-2


青あざ

色素細胞(メラノサイト)が皮膚深層(真皮)に集まって出来るあざです。

(1)太田母斑

顔半分の頬からおでこの範囲できるあざを太田母斑といいます。乳児から認める場合と、成長してからみられる場合があります。
レーザーが第一選択です。何回か照射することで100%近い効果が得られます。

h_aza_4


(2)異所性蒙古斑

生まれつきのおしり以外にある青あざを異所性蒙古斑と呼び、消えにくいため治療の対象になります。
レーザーが良く反応します。

h_aza_5


(3) 外傷性刺青(がいしょうせいいれずみ)

すり傷などケガをしたときに砂などの異物が皮膚の中に入ったまま傷が治ると、刺青(いれずみ)を入れたように見えることがあります。自然になくなることがないので治療の対象になります。
レーザーで薄くすることができます。

h_aza_3-3


患者様およびご家族の方への注意点

● あざの種類によってレーザー治療が保険適応とになるものとそうでないものがあります(レーザーが効果的でも保険適応がないものもあり、その場合自由診療でレーザーを行います)。レーザーが適応でないものも保険適応のある他の治療法(切除手術や電気メス焼灼など)が利用できる場合もあります。
● レーザーの保険適応に年齢制限はありません。大人の方でも保険治療が可能です。
● 当院では色素レーザーとしてVbeam(ブイビーム)、QスイッチアレックスレーザーとしてALEXLAZR(アレックスレーザー)を導入しています。いずれも厚生労働省の薬事承認を受けている機器で保険診療が可能です。
● 当院では麻酔なしもしくは局麻下でできるレーザー治療を行いますので、広範囲の症例、眼周囲にある症例など全身麻酔で行う必要がある症例は、入院施設のある専門病院にご紹介させていただきます。
● レーザー治療は1回で完治するものではなく、一定期間間隔あけて複数回治療を行う必要があります。レーザー治療は症状を改善させることができますが、完全に消失させることが難しいケースもあります。
● あざのなかには専門医でないと診断が難しいものもあります。まずは当院専門医による診断・治療を提案させていただければと思います。


当院にあるあざ治療レーザー

Vbeam(ブイビーム)

vbeam_01
SYNERON CANDELA社製
波長595nmの色素レーザーで赤あざ治療に限らずニキビ痕治療や皮膚の若返り治療も可能です。

ALEXLAZR(アレックスレーザー)

oono_aza_alex
SYNERON CANDELA社製
波長755nmのQスイッチアレキサンドライトレーザーで、青あざ、外傷性刺青に限らず、シミ、刺青、扁平母斑などの治療も可能です。