北条クリニックはしもと 皮膚科・形成外科・美容皮膚科

診療日
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
料金表
リンク

V-beam

V-beamとは

vbeam_01
V-beam(ブイビーム)は595nmという波長の色素レーザーで、血液中のヘモグロビンによく吸収されます。従ってこのレーザーを赤あざ(血管腫)に照射すると、赤あざの治療ができることになります。
単純性血管腫、いちご状血管腫、毛細血管拡張症などに対しては健康保険の適応があります。このレーザーは赤あざの治療用に開発されましたが、小じわや皮膚の若返りにも効果があります。こちらは自費診療になります。
レーザー照射の直前に冷たいスプレーが噴出するので、照射に伴う痛みは最小限です。また照射後皮膚表面が剥がれ落ちることもないので、原則的に照射後にガーゼやテープで治療部位を保護する必要はありません。血管腫の状態によっては照射後に皮膚が紫色に変化する場合(紫斑形成)があります。照射直後から化粧をしてかまいません。

目次

適応疾患
合併症
Q&A
症例写真


適応疾患

保険適応

■単純性血管腫(ポートワイン血管腫、赤アザ)
■苺状血管腫(赤アザ)
■毛細血管拡張症(赤ら顔、酒さ等)

保険適応外

■ニキビ
■赤いニキビ跡
■肥厚性瘢痕(盛り上がった傷跡)
■ケロイド(より盛り上がった傷跡)
■静脈湖
■尋常性疣贅(イボ)
■小じわ
■下肢の静脈瘤
■老人性血管腫


合併症

内出血
レーザー照射により内出血(紫色の跡)が起こることがあります。施術後1~2週間程で自然に吸収されます。場合により化粧でも隠しきれないこともあります。

腫脹(腫れ)
レーザー照射により一時的に腫脹(腫れ)が起こります。施術後1~5日間程で自然に消失します。

炎症後色素沈着・色素脱失
レーザー照射により生じる熱で皮膚に軽いヤケドが起きるため、施術後に炎症後色素沈着・色素脱失が起こることがあります。炎症後色素沈着・色素脱失は通常、数ヶ月で消失します。

肥厚性瘢痕
ごくまれにレーザー照射部位が赤く盛り上がる肥厚性瘢痕を起こすことがあります。赤みは時間とともに消失しますが、白い傷跡は一生残ります。


Q&A

Q. 傷跡は残りますか?

A. 基本的には残りません。しかしながら、強めの設定で施術すると瘢痕が残る可能性があります。

Q. 麻酔はしますか?

レーザー照射直前に冷却ガスを噴きかけることにより痛みを軽減させるシステムになっていますので麻酔なしで施術可能です。
ご希望に応じて、塗る麻酔を行ってから施術いたします。

Q. 料金はいくらぐらいですか?

保険診療(単純性血管腫、毛細血管拡張症など)は大きさにもよりますが大きさ3×3cmで6,500円、10×10cmで約2万円です(3割負担)。
小児の場合は地域により助成されます。自費については料金表をご参照ください。

Q. 治療回数はどのくらいですか?

治療回数の目安は以下の通りです。(※効果には個人差があります。血管腫は完全に消失させることは難しく、薄くするのに回数が必要です)
単純性血管腫:5回以上かかることも
毛細血管拡張症:4~6回
赤いニキビ跡:2~3回
レーザータイトニング(小じわ):2~3回


症例写真:血管腫(静脈湖)

vb_p_01


症例写真:下肢静脈瘤

vb_p_02


症例写真:しわ

vb_p_03


症例写真:にきび

vb_p_04


症例写真:赤ら顔①

vb_p_05


症例写真:赤ら顔②

vb_p_06