北条クリニックはしもと 皮膚科・形成外科・美容皮膚科

診療日
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
料金表
リンク

施術メニュー

Qスイッチレーザー V-beam サージトロンペレヴェ
ダーマペン ボトックス ヒアルロン酸・レディエッセ
BNLS トレチノイン


Qスイッチレーザー

アレキサンドライトレーザーは755nmの波長のレーザーでシミの元になるメラニン色素にダメージを与えます。 高出力のレーザー光線でシミの原因であるメラニン色素にピンポイントで反応しますので、周りの組織には最小限のダメージしか与えません。青あざの治療は保険適用できます。

こんなお肌の悩みに
太田母斑・異所性蒙古斑(青あざ) / 扁平母斑(茶あざ) / しみ・そばかす・ADM

V-beam

Vbeam(ブイビーム)は595nmという波長の色素レーザーで、血液中のヘモグロビンによく吸収されます。従ってこのレーザーを赤あざ(血管腫)に照射すると、赤あざの治療ができることになります。
単純性血管腫、いちご状血管腫、毛細血管拡張症などに対しては健康保険の適応があります。このレーザーは赤あざの治療用に開発されましたが、小じわや皮膚の若返りにも効果があります。こちらは自費診療になります。
レーザー照射の直前に冷たいスプレーが噴出するので、照射に伴う痛みは最小限です。また照射後皮膚表面が剥がれ落ちることもないので、原則的に照射後にガーゼやテープで治療部位を保護する必要はありません。血管腫の状態によっては照射後に皮膚が紫色に変化する場合(紫斑形成)があります。照射直後から化粧をしてかまいません。

詳しくはこちらのページを御覧ください。

こんなお肌の悩みに
赤あざ(単純性血管腫・いちご状血管腫) / 毛細血管拡張症 / にきび・ニキビ跡 / 毛穴・肌質改善 / 小じわ・たるみ

サージトロンペレヴェ

ペレヴェ Pelleveは高周波エネルギーを照射して肌の真皮層に熱を与え、肌細胞のコラーゲン生成を促す施術です。内部から美しくなろうとする肌の力を利用して様々な肌のたるみを解消し皮膚の若返りを促します。
4。0MHzのラジオ波(Radio Frequency)を用いた最新のシワ・たるみ治療でメスや針を使わないので痛みが全くありません。体表面に接触させたドーム電極から出される高周波ラジオ波が真皮や皮下のコラーゲン線維を変性させます。その結果即時にお肌が引き締まり、顔面や頚などのしわ・たるみが改善されます。施術後はすぐにお化粧をして人前に出られます。
ペレヴェは2段階の効果で比較的長期間効果を発揮します。

【第1段階】即時的引き締め効果
施術時に高周波ラジオ波のエネルギー熱が真皮内のコラーゲン線維をタンパク変性させることで即時的な引き締め効果が得られます。この効果は即時的で2~3週間ほど持続しますが、その後効果は一旦減衰してきます。

【第2段階】長期的引き締め効果
施術後1週間前後から、タンパク変性を起こしたコラーゲン線維が徐々に新生されていく過程(創傷治癒過程)になります。大量のコラーゲンやエラスチンが生成・再配列し、皮膚のたるみがゆっくりと改善されて若返ります。この持続効果は個人差がありますが約6ヶ月程度です。

詳しくはこちらのページを御覧ください。

こんなお肌の悩みに
小じわ・たるみ

ダーマペン

ダーマペンは微細な針で肌に高密度に穴を開けて、真皮に薬剤を直接導入できるため、より短時間で治療効果を引き出す事ができます。また微細な穴の治癒過程でコラーゲンが増生され、毛穴や肌の凹凸が目立ちにくくなりハリのある肌に再生されます。11本のマイクロ針でより深く穴を開ける事ができるので、薬剤の浸透が早くなります。機械が振動し、穴をあける深さを0.25mm単位で調節しながら細かな治療することが可能です。表皮への侵襲が少ないため痛みも軽減でき、従来の他の治療に比べて回復がとても速いのが特徴です。繰り返し行う事で、高い効果が得られるため、患者様の満足度も非常に高い治療方法です。ダーマペンはFDA(米国食品医薬品局)で承認された安全性の高い医療器具です。

患者さま一人一人に合った治療が可能
ダーマペンは肌の長さを調整、変更できますのでニキビ、ニキビ跡、毛穴開き、黒ずみ、くすみなど患者さま、一人一人の症状に合わせた治療が可能となります。刺入深度が浅ければ、痛みも少ないのですが、浅いと効果もそれなりになりますので、症状に合わせた刺入深度で麻酔を行います。また1回でも効果を望めますが、平均5回以上、月1のペースで行えば、さらなる効果を実感できます。

詳しくはこちらのページを御覧ください。

こんなお肌の悩みに
ニキビ跡 / 毛穴・肌質改善 / きずあと / 肌の凸凹

ボトックス

ボトックスとは顔面神経麻痺などの治療に用いられてきた成分です。
筋肉に直接注入することにより、収縮筋を効果的に抑制することから、しわ治療の代名詞としても知られています。
その用途は様々で、表情じわの改善の他、小顔・多汗症改善などにも使用されています。
痛みや腫れ、傷跡の心配もありません。

しわ・小じわ改善ボトックス

眉間や額などのしわの原因となっている表情筋に ボトックスを注入することで、筋肉の働きを和らげ表情ジワの改善をします。
また、小じわも同時に伸びるため、ピンッとハリのあるお肌がよみがえります。
医師と十分に話し合った上で注入分量などを決めて、自然な表情に仕上がるように調整します。
注入後は個人差もありますが、施術の約3日後から除々に効果が表れて4~6ヶ月程度、持続します。

小顔ボトックス

エラの筋肉(咬筋)が発達していることにより、エラが張って顔が大きく見える方などにおすすめです。エラ骨上の頬部分に注入し、咬筋の働きを抑えることでエラの張りを緩め、小顔に見せることができます。

美脚ボトックス

ふくらはぎに注入し、ふくらはぎの収縮筋を抑制することで美脚効果も期待できます。

ワキ汗・手のひらの汗

脇の下や手のひらに注射し発汗を抑制します。

こんなお肌の悩みに
しわ / 小顔 / 多汗症

ヒアルロン酸・レディエッセ

ヒアルロン酸

皮内、皮下に注入する事で肌を持ち上げ、しわやたるみを改善する治療法です。
ヒアルロン酸は、元々人体(皮膚・関節など)に含まれている成分です。しかしそのままヒアルロン酸を注入してもすぐに吸収されてしまうため架橋という加工を加え、3ヶ月~1年かけて徐々に吸収されるように調整されています。
アレルギーが生じる事もほとんどなく安全性の高い成分です。
以下の部位にはヒアルロン酸注入が効果的です。
●おでこ ●目の下 ●鼻 ●ほうれい線 ●コメカミ ●涙袋 ●ゴルゴジワ ●口唇 ●アゴ

レディエッセ

レディエッセは歯や骨を形成する「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分の最新式の注入剤です。
この製剤はFDAが認可している製品であり、3つの大きな特徴があります。
1. 長い持続力(1年~2年)
2. しっかりとしたリフト力
3. コラーゲン形成力
特に効果的な箇所は、鼻・アゴ・フェイスライン等の輪郭形成やほうれい線などの深いシワです。
しっかりと膨らむのにも関わらず柔らかな仕上がりになり自然で長時間持続する新しい注入法です。
ただし目の下などの皮膚の薄い部分などでは使用できません。

こんなお肌の悩みに
しわ・凹み

BNLS

BNLSとは小顔治療のために作り出された脂肪溶解注射剤です。
小顔注射は、脂肪吸引の手術をすることなく顔面の脂肪を減らすことができる治療法です。
この注射によって短いダウンタイムで気軽に小顔治療を受けていただく事が可能です。
また脂肪吸引の出来ない瞼や鼻にも使用できますので腫れぼったい目や団子鼻などを注射でスッキリとすることができます。
BNLS注射の特徴は、植物由来の成分と西洋薬の成分を絶妙にミックスしている点にあります。
従来からの脂肪溶解注射は、腫れや痛みといった注射後の症状が問題でなかなか顔に使用する事が出来ませんでした。BNLSでは脂肪を溶解する成分の他に炎症を抑えて、むくみを予防する成分が入っている事で注射後の腫れや痛みを極力最小限にするという特徴があります。
そのため、輪郭を作る目的や、小顔治療に用いやすいといえます。
小顔注射の効果は、注射後3日から発揮します。1回で効果に満足されるかたもいらっしゃいますが、まずは3回~5回の治療が効果的です。
1週間から2週間に1度注射が可能ですので、最短で3週間で小顔効果を実感していただけます。

詳しくはこちらのページを御覧ください。

こんなお肌の悩みに
小顔

トレチノイン

トレチノインは米国では、しわ・にきびの治療医薬品としてFDAに認可されており非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。
トレチノイン外用によるしみ治療は、原則的に患者さんご自身により、軟膏を塗布するという方式を取っていますので患者さんがこの治療をよく理解されているということが重要です。

トレチノインの皮膚への作用

・古い角質をはがれやすくして、皮膚の新陳代謝をよくする
・表皮細胞の分裂を促進して皮膚の再生能力を高め、傷を早くきれいに治す
・皮脂腺(毛穴にある皮脂を出す器官)の働きを抑える
・真皮のコラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌にハリをもたせる
・ヒアルロン酸の分泌促進により、肌にうるおいをもたせる

トレチノインによるシミ治療

表皮の細胞は表皮の一番深い層(基底層)から徐々に表面に押し上げられて、やがて角質となり最後は垢となって皮膚からはがれます。
この表皮のサイクルを皮膚のターンオーバーと呼び約4週間かかります。
大多数のしみは基底層周辺にメラニン色素が沈着しています。
トレチノインはこの層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。
表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2ないし4週間でメラニン色素を外に出してしまいます。これがトレチノインの特長です。
本治療では強い漂白剤であるハイドロキノンを併用してメラノサイトに新しいメラニンを作らせなくしておきます。
そうすると結果的に表皮はメラニン色素の少ない、きれいな新しい皮膚に置き換えられることになります。

トレチノインによるにきび治療

にきびは皮脂線の機能が亢進するとともに毛孔の入り口に角質が異常に厚くなり蓋をすることにより起こります。
トレチノインは皮膚の皮脂腺を萎縮させ、皮脂腺の機能を低下させるとともに、毛穴に蓋をしている角質をはがれやすくすることによって、にきびを治していきます。
トレチノインを始めとするレチノイド(ビタミンAの誘導体の総称)は非常に有効なにきび治療薬として、欧米ではにきび治療の第一選択薬となっています。

こんなお肌の悩みに
しみ・そばかす・ADM / 肝斑・色素沈着 / 毛穴・肌質改善 / ニキビ・ニキビ跡